「ラフカット2018」
キャストオーディション


「ラフカット」はエネルギーをもて余している役者に、力試しの場を提供していこうというプロジェクトです。荒削りであっても可能性を秘めた役者との出会いを求めて、プロデュース公演やワークショップなどを行っています。24年目を迎えた今年も、オールキャストオーディションによるプロデュース公演を行います。30分の短編が4話というオムニバス形式の公演です。

佐藤二朗 (脚本)


大野敏哉 (脚本)


高羽 彩 (脚本)


  堤 泰之 (脚本・演出)


例えばこんな人は、是非ラフカットに参加して欲しい!


  • 所属劇団の公演が年2回しかなく、欲求不満気味だ。
  • 劇団ではいつも同じメンバーとばかりやっているので、新しい出会いを求めている。
  • 養成所を卒業したけれど、これからどうやって芝居を続けていこうか迷っている。
  • 養成所を卒業し劇団員になったものの、30を過ぎてもまだ若手と呼ばれ、こんなはずじゃなかったと思っている。
  • 所属していた劇団が解散してしまい、途方に暮れている。
  • バイトに明け暮れる毎日なのだが、そろそろ何かやりたい。
  • 芝居はやりたいが、友達と仲良し劇団を作るつもりはない。
  • 今はフリーで活動中だが、所属できる事務所を探している。


公演日程2018年6月6日(水)~10日(日)
劇  場全労済ホール/スペース・ゼロ
稽古期間5月7日頃から開始(週3-4日、1日3時間前後)
応募資格公演に参加できる体力と時間的余裕のある方
応募方法
  • オーディションは4話別々に行いますので、まず自分が出演してみたい作品を決めて下さい。それぞれの作品の長さは約30分です。
    A 佐藤二朗脚本作品(実技審査=4月12日)
    B 大野敏哉脚本作品(実技審査=4月12日)
    C 高羽彩脚本作品(実技審査=4月13日)
    D 堤泰之脚本作品(実技審査=4月13日)
      ※ A~Dの記号は便宜的なもので、上演順ではありません。
        演出は4話とも堤泰之が担当します。
  • 履歴書に身長・体重・芸歴・出演したい作品のアルファベット(A~D)を明記し、写真貼付の上(顔写真1点・全身写真1点)、82円切手を同封し、事務局宛に郵送して下さい。
  • 〆切り=3月31日(土)必着。
  • 書類審査合格者に対しては、郵送にて通知の後、実技審査を行います。
         (審査時間は1時間程度、オーディション料=2000円)
  • 一人でいくつものストーリィに併願することは可能です。その場合、履歴書は1通で結構ですが、実技審査は別々に行いますので、オーディション料はその都度必要となります。
  • 尚、最終審査は4月23日の予定です。

宛  先〒135-0007 東京都江東区新大橋3-2-4山岸ビル3F
       プラチナ・ペーパーズ内 ラフカット事務局
       Tel. 03-5600-6211  Fax. 03-5600-6214

作家プロフィール


佐藤二朗・・俳優として数多くの映画・ドラマ等で活躍する傍ら、自ら主宰する演劇ユニット「ちからわざ」では脚本・出演を兼ねる。ドラマ「恋する日曜日」(BS-TBS)、「家族八景」(MBS・TBS)などの脚本を担当。映画「memo」では監督・脚本を手がける。
大野敏哉・・演劇ユニット「ニュアンサー」主宰。映画「海月姫」、ドラマ「世にも奇妙な物語」など数多くの脚本を手がける。2011年にアニメ『スイートプリキュア♪』のシリーズ構成。2012年にはシリーズ構成・脚本を担当するノイタミナ枠のアニメ『つり球』のノベライズにて小説家デビューを果たす。
高羽 彩・・早稲田大学の「てあとろ50`」を経て2004年に個人演劇ユニット『タカハ劇団』を旗揚げ。2013年芸劇eyesでは新時代の5人の女性劇作家に選ばれ、2014年「帰還の虹」は岸田國士戯曲賞の候補作品となった。2017年には「千住クレイジーボーイズ」(NHK・BSプレミアム)の脚本を担当。4月9日より駅前劇場にて「ネジ工場」を再演。
堤 泰之・・代表作に「煙が目にしみる」「見果てぬ夢」などがある。最近の主な作品は、ジグジグ・ストロングシープス・グランドロマン「幕張の女」(脚本・演出)、加藤健一事務所「夢一夜」(演出)など。

Copyright © 2004 - 2017 · Plutinum Papers All Rights Reserved