太陽のあたる場所


▍上演時間:1時間45分(1幕8場)
▍登場人物:男7人・女6人

奥田 忠義(68歳)   喪主
   照子(享年59歳) 忠義の妻
   博 (32歳)   長男
   早紀(27歳)   博の妻
   健志(30歳)   次男
篠原幸太郎(54歳)   照子の弟
  美子 (49歳)   幸太郎の妻
  ゆかり(26歳)   長女
海老原省吾(49歳)   ゆかりの恋人
野口 徹 (49歳)   弔問客
朝川 哲也(28歳)   弔問客
谷 ヨシノ(88歳)   奥田家の隣人
  由美 (26歳)   ヨシノの孫
 

▍ストーリィ

 「煙が目にしみる」の続編的な物語。高校生の時に父を亡くした野々村早紀は、十年後、夫の母親の葬儀に立ち会っていた。
 とある地方都市の郊外にある奥田家。風呂とトイレが離れにある古い家屋。照子が亡くなったという知らせを聞いて駆け付けた博と早紀。幸太郎から一通り状況を聞かされたのだが、父忠義の姿が見えない。そして弟健志はずっと照子の亡骸の側から離れないという。
 お通夜の場面と、母との想い出の場面が交互に展開する。お通夜の弔問客が去り、水入らずでお茶を飲む忠義と博、健志。3人の頭に浮かぶのは、いつも元気で明るい照子の笑顔だった。
 
2010年、spc鈴舟にて初演。
 
 

Copyright © 2004 - 2019 · Plutinum Papers All Rights Reserved